gtnprn’s blog

Apex Legendsの攻略情報を掲載しています。

【Apex legends】(シーズン8) 全武器DPS一覧・ランキング - マスティフ弱体化【エーペックスレジェンズ】

シーズン10の記事はこちら

www.gtnprn.com

この記事では、シーズン8アップデート後のアタッチメントを含む全武器のDPSの一覧・ランキングを紹介します。この記事内でのDPSの算出方法は、記事の後半に記載しておきます。

(2020/02/05 シーズン8の情報に更新)
(2020/02/05 G7の情報が抜けていたため修正しました)
(2020/03/11 アップデートでマスティフがナーフされた件を更新)

 

目次

 

1. DPSランキング

DPSとは"Damage per second"の略で1秒間あたりに与えることのできるダメージ量のことです。今回は鉄壁でも小柄でもないレジェンドに対する胴撃ちのDPSランキングです。アタッチメントでDPSが変わるものは、アタッチメントをつけた場合のDPSも記載しています。マスティフのアップデートは緑色にしています。

※比較用にシーズン7のデータも載せています。グラフの色を薄い灰色にし、名前に(S7)と付けています。

  

f:id:gtnprn:20210311011812j:plain

図 全武器DPSランキング(前シーズン比較有)

 

f:id:gtnprn:20210311011849j:plain

図 全武器DPSランキング(前シーズン比較無)


 

 

表 DPS値一覧・ランキング

順位 武器名 DPS
1 シーラ(ミニガン) 281
2

ディヴォーション
(ディレイ除く)

239
3 ハボック(ターボ) 201
4 プラウラー(オート) 199
5 R-99 197
6 フラットライン 191
7 R-301 189
8 プラウラー 188
9 ボルト 180
10 Lスター 179
11 EVA-8 Lv3 178
12 スピットファイア 171
13 EVA-8 Lv2 165
14 オルタネータ 160
15 RE-45 155
16 EVA-8 Lv1 152
17 ヘムロック 144
18 EVA-8 132
19 G7 132
20 モザンビーク Lv3 130
21 モザンビーク Lv2 121
22 フラットライン
(アンビルレシーバ)
120
23 ヘムロック (シングル) 120
24 R-301 (アンビルレシーバ) 117
25 P2020 117
26 マスティフ Lv3 116
27 ウィングマン 113
28 ピースキーパー 111
29 マスティフ Lv2 111
30 モザンビーク Lv1 110
31 マスティフ Lv1 106
32 30-30リピーター 97
33 モザンビーク 96
34 マスティフ 96
35 トリプルテイク 86
36 ロングボウ 71
37 クレーバー 69
38 チャージライフル 58
39 センチネル(チャージ) 55
40 センチネル 44

 

 

主な変更点

  • 30-30リピーターが追加されました。全体的に見ればDPSは低いですが、SRと考えれば低い数値ではありません。モザンビークと同程度です。
  • ボルトのダメージが16→15に低下しました。それに伴いDPSも低下しています。Lスターと同等程度です。
  • オルタネータのダメージが15→16に上がり、DPSが増加しました。
  • スピットファイアのダメージが18→19に上がり、DPSが増加しました。ただし、リロード時間は長くなったようです。
  • EVA8の連射速度が増加し、DPSが増加しました。ただし、ダブルタップはなくなりました。
  • アンビルラウンドが復活しました。(R-301とフラットライン)
  • (2021/03/10) マスティフの1ペレットあたりのダメージが13→11に低下しました。代わりに連射速度が1.1倍程度速くなっていますが、DPSとしては1割近い低下になりました。
  • (2021/03/10) ウィングマンの装弾数が1増えましたがDPSには影響ありません。

 

2. この記事でのDPS算出式について

DPSとは"Damage per second"の略で1秒間あたりに与えることのできるダメージ量のことです。この記事でのDPSはリロード時間を除いた、1秒間に与えることができる平均ダメージの最大値を計算しています。例えば1秒に2発射撃できる武器があり、ダメージが1発当たり30だった場合、DPSは 2x30 = 60と計算できます。

この計算方法は一般的によく使用されるDPSの計算方法で、フォートナイトやオーバーウォッチなどでもよく使用されています。例えば以下のようなサイトでも使用されているようです。

https://fortnite.gamepedia.com/

https://wiki.denfaminicogamer.jp/overwatch/

なお、発射間隔(時間)は動画から解析用ソフトウェアを使用して抽出することで、正確性を高めています。

以下の記事に計算方法の詳細をまとめました。

www.gtnprn.com

3. DPSよりTTK(キルタイム)が武器の強さの指標としてはおすすめ

武器の強さの指標としてDPSが有名ですが、実際の強さを知るにはキルタイムを見ることをお勧めします。DPSの場合モザンビークのように、1マガジンで倒しきれないような武器のDPSが高く出てしまうことがありますが、TTKは敵を倒すことができる時間なので、モザンビークのような武器は実際の強さの通り弱くなります。

以下の記事ではキルタイム(TTK)を紹介しています。

 

www.gtnprn.com

4. 補足

4.1 ディヴォーションのDPS時間遷移

ディヴォーションのDPSは最高速になった時のものを掲載していますが、それ以外の時はどのようなDPSなのかと質問をいただきました。DPSの計算方法によっても結果は変わるのですが、今回は1発ごとの発射間隔から1秒当たりの発射数を計算し、その値に1発あたりのダメージを掛けることでDPSを求めてみます。結果は以下のようになりました。

パッチノート

www.ea.com